前へ
次へ

七五三の内祝いのマナーを覚えておくこと

七五三のお祝いを頂いたら、内祝いを贈ります。その際のマナーを知っておきましょう。内祝いを贈る際、お返しの金額としては半額くらいが相場となっています。その品物は、お菓子が多いようです。のし紙を貼るのですが、蝶結びののし紙を使用します。表書きは七五三内祝いとし、下の名前は子供の名前を記入します。姓は記入しません。遠くて送ることになったら、差出人は両親の名前とします。贈る品物と一緒に、子供の写真やお礼状を添えるとよいです。この内祝いを贈る時期は遅くならないように1ヶ月以内に贈るましょう。これは、他のお祝い事でも同じと考えてください。マナーを知って、スムーズに行いましょう。基礎知識は知っておいて損はないです。

Page Top