前へ
次へ

男の子の七五三について

七五三とは、子供のお祝い行事の一種です。自分が住んでいる地域の氏神様に参拝をして、ここまで無事に育った感謝を伝えて、それと一緒にこれからの成長を祈願するという行事です。七五三は、その名の通りに三歳、五歳、七歳の三回に渡って行なわれます。ただし、男の子のために行なわれるのは、この内の五歳の時だけです。これは、平安時代頃の風習が由来となっています。平安時代頃は、男の子は五歳になると「袴着の祝い」という儀式がありました。これは今まで履く事のなかった袴を初めて履くという儀式です。この儀式を行なう事で、周囲の人に一人前として認めてもらう事が出来ます。地域等によっては、男の子が羽織袴の正式なスタイルで碁盤の上に乗り、そこから飛び降りるといった儀式をしたりします。

Page Top